【体験談あり】家づくりの初めの一歩!【カタログ請求サイト2選】

スポンサーリンク
家づくり計画HOUSE

子供も生まれて、アパート住まいも狭くなってきたし、  
そろそろ夢だった家を建てたいなあ。
でもなにから始めればいいんだろう?

家づくりをはじめるときに、まず何をしますか?
最初に思いつくのは、展示場に行き、モデルハウスを見ることではないでしょうか?

家を買うことはほとんどの人が一生に一度の買い物だし、後悔したくないですよね。
そこで私がおすすめする、家づくりの初めの一歩は、
カタログを請求することです。

スポンサーリンク

カタログを請求する意味は?

家づくりカタログ

家づくりの初めの一歩として大事なのは、
どんなハウスメーカーがどのような商品を出しているのかを把握することです。
そうすることで自分がどんな家を建てたいか、そしてそれに見合う商品が探せます。
そのためにはカタログを請求して見比べることが大事になってきます。
 

カタログを請求して何がわかるんだろう…?  
展示場に行くほうが早い気がするなあ。
 

もちろん様々な展示場に行くことも大事ですが、
どんなハウスメーカーがあるかも分からずに行くと、展示場にあるメーカーしか知れず、
モデルハウスに入ると、営業さんに色々説明され、
比較もできずただ疲れるだけです。

もちろん営業さんのトークを断れるという自信のあるかたは、
直接展示場に行き、話を聞くのもありだと思いますが、
私も含め多くの方は断るのが苦手なのではないかなと思います。

やはりそういう方にはカタログを請求をして、
家で色々比較、検討することをおすすめします。

カタログを請求して知れること

  • どんなハウスメーカーがあるのか
  • 各ハウスメーカーの強み
  • カタログ発送のスピード等、付随情報

どんなハウスメーカーがあるのか

知ってるハウスメーカーはいくつぐらいありますか?
私は家づくりをはじめたときは、ハウスメーカーと言えば、
CMでよく見る、大和ハウス積水ハウスなど大手メーカーしか知りませんでした。

しかしカタログを請求することによって、
地元密着型の工務店や、
名前は知られていないけど素敵な家づくりをするハウスメーカーを知れます。

大手ハウスメーカーだからといって
自分たちの希望の家を作れるとは限らないので、
様々なハウスメーカーの存在を知ることは重要ですね!

各ハウスメーカーの強み

ハウスメーカーには様々な商品がありますが、大体カタログでは
一押しの商品を大々的に宣伝しています。

一押しの商品に興味を惹かれたメーカーを更に調べるもいいし、
他のメーカーでは同じような強みがないか、それに代わるものがないか、
比較するもよし、様々な使い方ができます。

カタログ発送のスピード等、付随情報

これがカタログを請求して知れる一番大事な情報です。
カタログを請求してすぐに反応してくれるメーカー、反応の薄いメーカー様々です。

これを知れることによって、
この会社は反応が早いから、仕事も早いのかな、
すごく丁寧に対応してくれるから、信頼出来るのかな、と
メーカーを知っていくうえで、判断材料になります。

実際に私がカタログを請求した後の各メーカーの反応
  • 請求して二日後には担当の方からメールが来て、こういう家づくりをしているので、
     もしよければ展示場に一度お越しくださいとの連絡があるメーカー
  • カタログと見取り図をすぐに送ってくれ、案内メールも一週間後に送ってくるメーカー
  • カタログが翌日には届き、担当の方からのメールも三日後には来るメーカー
  • 案内メールだけ送り、カタログは送ってこないメーカー
  • 二週間後に担当の方からメールと見取り図が送られてくるメーカー

様々なカタログ請求サイト

家づくりサイト

カタログ請求サイトで、有名な大手は、

の二つがあります。そしてそれ以外にも

などがあります。

こちらに7サイトの詳細を書いているので是非ご覧ください。

大手サイトのメリット、デメリット

大手サイトのメリットは、

  • 登録してあるハウスメーカーが沢山あるので色々な会社から選べる。
  • 大手だから沢山の人が使っていて安心感がある。

デメリットは、

  • ハウスメーカーが沢山ありすぎて、
    結局どこの会社にカタログを請求すればいいかわからない。

とりあえず、たくさんのハウスメーカーを比較したい!
という方には大手サイトで調べるのは向いています。

その他サイトのメリット、デメリット

大手サイト以外のメリットは、

  • カタログ請求だけでなく、間取りプランも一緒に送ってくれるサイトがある。
  • 同時に見学を予約できるので、カタログを見て興味を持ち、
    すぐに見学出来るので時短になるサイトがある。
  • 地元密着型のサイトなので、地元で活躍しているメーカーを知れるサイトがある。

デメリットは、

  • 大手サイトと比べると比較出来るハウスメーカーの数が少ない。

沢山のハウスメーカーから選ぶよりも、地域密着型や、
付加価値を求める人には大手サイト以外から資料請求するのが向いています。

おすすめのカタログ請求サイト【二選】

そこでおすすめのカタログ請求サイトを二つお教えします。

です。

LIFUL HOME’Sのメリット、デメリット

ライフルホームズサイト

LIFUL HOME’Sメリットは、

  • 掲載数が多い。
  • 様々な条件での検索がしやすい。
  • 問い合わせた全員に【はじめての家づくりノート】がpdfでプレゼントされる。
  • 要望欄に【電話連絡はしないで欲しい】と書くと、電話での営業がない。

デメリットは、

  • 間取りや、費用といったカタログ以外の付随情報のものは貰えない。

タウンライフ家づくりのメリット、デメリット

タウンライフ家づくりサイト

タウンライフ家づくりメリットは、

  • 毎月先着99名に【成功する家づくり7つの法則】の小冊子が
     無料でプレゼントされる。
  • 間取りプラン、注文住宅費用、土地探しまでやってくれる。
  • 要望を細かく入力出来るので、より詳細にハウスメーカーに知らせることができる。
  • 要望欄に【電話連絡はしないで欲しい】と書くと、電話での営業がない。

デメリットは、

  • 掲載会社が600しかない。(大手と比べると少なめ)
  • 無料プレゼントは先着99名様のみ。

LIFUL HOME’Sとタウンライフ家づくりの併用がおすすめ!

私は、LIFUL HOME’Sタウンライフ家づくりを併用して使用することをおすすめします。

使い方としては、

  1. 自分の理想の家の構想をなんとなく練る。
  2. タウンライフ家づくりにて、要望を書き、カタログを請求する。
  3. タウンライフ家づくりからの、カタログ、間取り、費用等の資料から、
    大体の家づくりの見通しをたて、更に理想の家の構想を練る。
  4. LIFUL HOME’Sにて、沢山のハウスメーカーから構想を練った家づくりの
    希望に合うメーカーを探す。
  5. LIFUL HOME’Sのカタログを見て、
    気になるハウスメーカーの展示場に行ってみる。
  6. 本格的に家づくりが進み、見積もり等出してもらったら、
    タウンライフ家づくりで出してもらった間取りプラン、費用等と比較する。

家づくり、カタログ請求体験談

家づくりカタログ

私は家づくりを始める際に、
何も分からずとりあえず展示場に行き、まず一軒見てみようとしました。

すると一軒目で、営業さんに捕まり、色々話を聞き…
一軒目のハウスメーカーを出る時にはすでに、一時間経っていました

一軒目で疲れたのにも関わらず、学習せずに、
次はカタログだけもらってすぐに帰ろう!営業は断ろう!と心に決め、
二軒目に行きました。

しかしなかなかお断りするのは難しく、結局二軒目では二時間もいました…!

何も知らずに行ったのでどこのハウスメーカーがいいかもわからず、
ただ疲れただけで、もう展示場には行きたくない!と思いました。

ところが後日カタログ請求サイトを見てみると、色々な会社があり、
先に行った二軒のハウスメーカーよりも、より希望に近い会社があることが分かりました。

そして上記に記したように、
まず、 タウンライフ家づくりにてカタログを請求し、
間取り、費用を比較し、検討しました。
(問い合わせしたのは15日だったのですが、
先着に間に合わず【成功する家づくり7つの法則】は貰えませんでした…)

次に、LIFUL HOME’Sにて要望に合うハウスメーカーを知り、カタログ請求をしました。
(【はじめての家づくりノート】はpdfにてダウンロード出来るので、印刷して活用しました!)

はじめての家づくりノート!

カタログ請求をしたので、わざわざ何回も展示場巡りをせずに、
自宅にて完結出来てよかったなあと思います

カタログ請求をうまく使って、良い家づくりを!

今から家づくりをされる方が、
自分に合ったカタログ請求サイトを使って、
展示場に何回も行かずともいい家づくりが出来ることを願っています。

おすすめはLIFUL HOME’Sタウンライフ家づくりを使って、カタログ請求し、
比較、検討することです。

ただ人それぞれやり方は違うと思うので、自分に合ったカタログ請求サイトや、
ハウスメーカーが見つかることを願っています。

良い家づくりをしてください!

タイトルとURLをコピーしました